URADOCPDS>講習会プログラム>

 CPDS講習プレゼン
「考査項目を意識したASPワークフロー」~安心して受験するための準備と心構え~

 講師:株式会社成田工業 工事部 次長 妻沼 竜也(つまぬま たつや)

 以下の資料は、受講者の技術研鑽に役立つことを願い、講師のご厚意により提供いただいたものです。

 20190121公開


▼PowerPoint PAGE-01

凡例
★:クリックしアニメーションを進める。
◆:クリックし次頁へ
それでは、
講習をはじめさせていただきます。

▼PowerPoint PAGE-02

本日の講習内容です。
§6の「ASPを活用した想定問答デモ」 部分については、発注者に頼らず、 自主的に社内検査などで、予行演習を繰り返し実施してはいかがでしょうか。◆
------------------------------- 講習内容
§1 考査項目を確認しよう。≒検査時の質問
§2 起案漏れは無いかチェック~起案タイトルはルールに従う~
§3 検査までの準備の全体フロー~ブックマークの作成時期~
§4 表示画面の設定とブックマークの作成
 §4-1 手順
 §4-2 注意
§5 検査会場の配置と留意点
§6 ASPを活用した想定問答デモ
 §6-1 定番の質問
 §6-2 想定外の質問への対応 §7 写真と動画の見せ方と工夫
 §7-1 写真管理ソフトの見せ方
 §7-2 写真で説明しにくいものは、動画を使う!
§8 工事概要説明のパワポの扱い(案)
  §8-1 検査冒頭の工事概要の説明は簡潔に!
  §8-2 検査の最後に検査官に伝えよう!~工事の工夫と苦労~
§9 その他 ◆

▼PowerPoint PAGE-03

考査項目の確認については、中山課長からお話しいただきます。
---------------------------------
§1 考査項目を確認しよう。 ≒ 検査時の質問 「監督実務要覧」の技術検査官の考査項目 を参照しながら この後を進んでください。

以下に公開されています。
北海道開発局トップページ>工事管理課>工事の施工・検査
考査項目別運用表(営繕工事以外) (PDF:991KB) https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/jg/koujikanri/ud49g7000000l2w9.html

▼PowerPoint PAGE-04

主任技術評価官が35ポイント+基礎ポイント65を合計し100p…(略)

. ★この講習の内容は、 この表の赤文字の部分について、

考査項目を確認して技術検査官の 質問を想定し
事前の準備をしようというのが目的です。 ◆

▼PowerPoint PAGE-05

2.施工状況
 Ⅰ.施工管理   全工事共通 3.出来形及び出来ばえ
 Ⅰ.出来形   ほぼ共通 ただし、河川堤防除草工事・道路管渠清掃工事・道路維持除雪工事は特殊
 Ⅱ.品質   以下の多数の分類がある。複数に該当する場合もあるので決めつけないこと!
 コンクリート構造物、土工事、護岸・根固・水制工事、鋼橋工事、砂防構造物工事及び地すべり防止工事、舗装工事、海岸工事、法面工事、基礎工事及び地盤改良工事、コンクリート橋上部工事、塗装工事、トンネル工事、植栽工事、防護柵・標識・区画線等設置工事、電線共同溝工事、機械設備工事、電気設備工事、維持工事、修繕工事、通信設備工事・受変電設備工事、浚渫工事、港湾築造工事、管水路工事、農用地造成工事・暗渠排水工事・客土工事、防雪柵・雪崩予防策・固定式視線誘導柱等設置工事、空港用地造成工事、空港舗装工事、その他の工事又は合併工事
 Ⅲ.出来ばえ  Ⅱ.品質と同様に多岐に分類される。 ★

【注意】例えば、「舗装工事」のみと思い込んでいたら、「土工事」に関しても考査項目の質問をされた。 ⇒着工時からどの分類に該当し考査項目を把握していないと、状況写真の撮り忘れなど生じる。
 該当工事ごとの金額%を算出しておく ⇒ 書面検査時の冒頭に検査官に%をさりげなく提示する。◆

▼PowerPoint PAGE-06

ではここから、スライドの中身に入って行きます。

スマートグラスの活用背景として、 段階確認・社内検査にかかる所要時間から現場臨場の 検査における現状の課題を確認して行きたいと思います。 ◆

▼PowerPoint PAGE-07

起案漏れは無いかチェック~起案タイトルはルールに従う~
これは具体的なWFの起案例の一覧です。

【最重要】ASP起案「タイトル」は、ルール従い厳格に命名する。
なぜか?
これを怠ると、検定時にスムーズにソート出来なくなり、検定時間が長引き、受験者の焦りにつながります。
特に提出回数が多いものや、計画と実施を提出するものなどは、
末尾に_01の連番で命名すると件名が順序良く表示されます。 ◆

▼PowerPoint PAGE-08

フロー図を見て検査用のブックマーク作成時期について確認していきます。

《START》 工事契約
《9号発議》 着手時の必要書類を提出後、一通り様式が揃ったら検定用ブックマークを作成してみる。
《ブックマーク作成》 施工プロセス時に主任監督員もしくは、支援業務に確認してもらうこと。  ※特に件名の命名や起案漏れなどの指摘があった場合は、早期に修正した方が検定前に慌てなくて済む。
《検査用ブックマーク追加》 また検定1カ月前には、想定される質問に対応した内容のブックマークを追加する。(事前に支援業務などに検定官の質問傾向などを聞いておくと良い)
《社内検査》 検定1週間前には、検定時の配置で想定問答を社内検査で予行演習し、操作の不備などを把握しておくことで実際の検定時にスムーズな操作ができる。 ※ブックマークに不備やタブ不足などがあれば追加・修正をしましょう。 このほかに、
《LAN回線の確認》を検定前に実際の検査会場で実施しておく事をおすすめします。

これで《書類検定本番》をむかえます。 ◆

▼PowerPoint PAGE-09

これは、社内検査で行った検定模擬の一例です。
模擬検定では、実際の検定時で想定される問答や必要書類が整理されていることを確認するほかに、 実際に使用するPC機材の動作確認や検定時の役割を確り確認することが重要です。 いくら完璧に書類を用意していても画面表示がうまくいかなかったり写真が探しきれないと、検査官の評価にうまく繋がらない場合があります。 なので、事前の準備が重要です。 特に以下の事を事前に把握しておくと良いでしょう。
1)実際に使用するPCとモニターとの最適な解像度を設定する。(一般的なワイドモニターノートPCであれば解像度は「1280×720」が丁度良い解像度となります。
   高性能PCの場合は「1920×1080」でも良いです。)
   また、表示画面は複製(クローン・ミラー)に設定します。
2)ASPの表示手順の確認
3)写真管理ソフトによる写真の表示手順の確認 4)検査書類は机の上に並べず、座席の後ろに配置しておきます。(検査官に求められた都度に提出し、確認後戻すこと。) ◆

▼PowerPoint PAGE-10

〇表示画面の設定とブックマークの作成として
ここからは、実際にbesepageを操作しながら説明していきます。
※ワークフロー一覧の画面のままだと表示内容が件名だけで検定官は中身が分からず、重要な項目がどれかわからない。

例として、「施工計画書」に絞った、ブックマークを作ってみます。
このため以下の設定により必要事項を表示させ検定用のブックマークを作成していきます。
★① ユーザー定義一覧表示の「設定」をクリック
★② 9号受注者発議の「表示項目選択」をクリック ◆

▼PowerPoint PAGE-11

③ 非表示欄から表示したい項目をクリック   
※表示内容は検定時に検査官が内容を把握し易いものが良い。
なんでもかんでも表示させるとかえって分かり難いものになる。
  おすすめとしては、管理区分・内容・添付・提出資料名があるといいでしょう。
④ 選択したら追加>>をクリック   
※解除したい場合は、表示欄から非表示にしたい項目を選択し

▼PowerPoint PAGE-12

★ ⑦ 様式リスト∨をクリックし、
★ブックマークしたい項目を選択します。
★ ポイント   検定用のブックマークは、ここで様式を選択する。
  ※必ず様式リストから選択(ワークフローのすべての様式からでは、ありません)
★ ⑧表示したい件名を入力し検索をクリック   
a)表示画面をブックマーク(方法は次項で説明)
★ ポイント   事前に質問が想定されるものは、個別に検索してブックマークします。
※9号は、検定時に質問が想定される内容については件名検索してブックマークする。 ◆

▼PowerPoint PAGE-13

★~例 Internet Explorerの場合~  
このように内容が表示されるようになり、件名をクリックし9号様式を表示しなくても内容が把握出来るようになりました。 ここからみなさん考えてもらうと、起案時に内容文に気をつかうと便利なことに気がつくと思います。  
⑨ このURLは、絞った画面の独自URLとなります。   次に、“施工計画書”で検索して表示された画面をブックマーク保存していきます。 ★ 
⑩お気に入りをクリック★ ★ 
⑪お気に入りに追加をクリック★ ★ 
⑫追加をクリック★   
1)名前を付ける   
2)作成場所を選択 これで「施工計画書」のタブが出来上がりました。
⑭手順を繰り返し、想定される質問用のブックマークを作成します。
【重要】
a)「施工計画書」の起案が増えても生き続ける。ブックマークの作り直しは不要です。 着工直後に作った「施工計画書」のブックマークは、 その時点で、「施工計画書_01」しかないとしても、 起案が増えて「施工計画書_07」となった。 でも、最初に作ったブックマークは機能します。 検索により絞り込んだ画面には独自のURLが発生するので、起案数が増えてもURLは同じなのです。
b)特に提出回数が多いものや段階的に提出するようなものは、件名が番号順に並んでいると見栄えもよく、検査官も見やすく把握し易い。 ※件名が順序良く並ぶよう件名の命名には○○○○_01で、統一するように
 〇施工計画書_01(半角)
 ✖施工計画書_1(全角や頭に0がない)
このように、基本的な質問事項を想定し、複数のタブを用意することで、情報をいかにすばやく呼び出して証明するか、検査の場面で求められる重要な要素です。 ◆

▼PowerPoint PAGE-14

※よくある間違ったブックマーク例として 冒頭で説明したようにすべての様式から帳票を選択しても内容が表示されていないので、検定は受けられません。 ★
 ポイント   すべての様式一覧から様式を選択すると、内容が表示されません。   
※ブックマークは、
ユーザ定義一覧表示 → 設定(表示内容選択) → 一覧 → 様式リストから様式選択(件名検索) → ブックマーク保存 ◆

▼PowerPoint PAGE-15

これは、当社で実際に検定用機材を用いて社内検査で行った模擬検定の機材配置の様子です。
机の上には、 ①施工計画書、書類目録(電子と紙の別を記載した一覧表)と考査項目表を出しておきます。(検定官の前に配置) モニターは2台用意し、1台は②ASP専用(20インチ台のワイド画面)、もう一台は③写真専用(32インチの一般的な液晶テレビ)とする。(検定官に向けて配置)

【注意】プロジェクターは使わないこと。明るさの必要な検査会場では視認性が悪い。
PCも同様に④ASP用、⑤写真用を用意し、⑥検査書類関係は座席の後ろに置きます。 検定前日までに接続テストを検査会場で実施することが必須です。(社内検査の模擬は検定時の機材と配置でやっておくと良いでしょう。)
基本的にASPは現場代理人が担当することと思いますが、写真も代理人が同様に操作する場合であっても、代理人と検定官の間には、ノートパソコンなどをついたて状にして隔たりを作らないようにすること。
また、テーブル上は通信機器のコードや電源コードなどで見栄えの悪い状況に決してならないようにテーブル上は清潔してください。 工事書類は机の上に広げずに後ろに用意しておきましょう。(中山課長曰く、検査官のペースで進められてしまうとのことです。) 書類ファイルについては、検定官が指示した時に見せるようにしてください。(机の上はスッキリとさせておく)
提示後、もう出番が無い(質疑のテーマが変わったと感じたとき)と思われる書類ファイルは、後ろに下げます。 ◆

▼PowerPoint PAGE-16

こさきほど用意したブックマークを使って、 社内検査として 予行演習をしてみよう!
ここでは、千歳道路事務所 工務課 伊藤係長に再度検査官役をお願い致します。◆

▼PowerPoint PAGE-17

ここから、ASPを活用した考査項目からの想定問答デモを行っていきます。
Q1 契約書第18条第1項第1号~5号に基づく設計図書の照査を行ってますか?
A1 はい、合計2回、着手時と契約変更時にそれぞれ行っています。(ワークフローの18条照査を開いて)

▼PowerPoint PAGE-18

Q2 検:実際に現場に入った日(着手日)はいつですか?
   その時の作業内容と確認できる写真はありますか?
A2 受:はい、7月26日に着手し現地踏査を実施しました。(ワークフローの工事着手を開く、もしくは写真管理ソフト日付がわかるように写真を見せる。)
検:はい、わかりました。

《ナレーション》 工事着手日については、直接発議詳細画面をブックマークしておき表示させます。 (工事着手日を聞かれた場合、ASPで工事着手について発議しておくことで、検定時に写真を探す手間が省けます。)
(2)工事着手については9号で写真を添付して提出しておくと良い。
(3)工事着手の作業内容についても報告として記載しておくことで一目で工事着手内容が分かる。
ちなみに、【注意出】着手日 ≠ 着工日 ですから起案時に混同しないこと。 ◆

▼PowerPoint PAGE-19

Q3 施工計画書の提出日はいつですか?
A3 提出回数は、全5回で当初施工計画書を7月25日に提出しています。(ワークフローの施工計画書を開いて)
検: 追加・変更についても適宜提出されていますね。
《ナレーション》 ここでも事前に作成したブックマークリストから施工計画書を選択し一覧を表示させます。
(4)施工計画書(紙)の変更履歴と9号の内容が合致するように標記することで紙と電子との整合性が取れており検定官への心証が良い。  
・ 施工計画書の提出日(当初)と提出回数は、即答できるように事前に把握しておきましょう。 また、施工計画書の提出日及び回数はワークフローで一覧を見せつつ、原本を提出して確認してもらうと良いでしょう。
《補足》 施工計画書は最初から検定官の前に置いてあるので、 ASP画面を表示しつつ、施工計画書の変更履歴を開きASP起案と紙面である施工計画書の冒頭の変更履歴が完全一意していることを印象づけると心証が良い。 ◆

▼PowerPoint PAGE-20

Q4 工事材料の保管状況がわかる写真はありますか?
A4 はい、現場に搬入された材料は資材物置に保管しています。   また、橋面防水などの資材は施工当日にメーカー倉庫から直接搬入しています。保管状況については代理人が現地を確認しています。 検:施錠が可能な状態で資材管理が行われていて良いと思います。
《ナレーション》 これは工事材料の保管方法について質問された時の写真管理ソフトによる説明の一例です。
(5)保管状況が分かる写真を一覧から見れるようにしておくと良いです。 現場での保管ならば、桟木をひいているか、ブルーシートでしっかり覆っているか、盗難の心配はないかを確認します。 撮影する写真は、ブルーシートの縁をはぐって桟木や何が保管材料であるか一枚で表現できるものが良いです。 ブルーシートに虎ロープでガッチリ縛ってあるが、中身の保管資材が何であるかわからない写真はダメです。 出来れば、現場の施錠できる物置に入れておくのがベターです。 さらにベターは、本社の倉庫に一括納入し、日々の施工分を現場に搬入している。 ベストは、使用時のたびにメーカから搬入し、現場保管を避けていること。 単に保管状況を確認しているのでは無く、企業のセキュリティの考えを問われていると考えていください。 ◆

▼PowerPoint PAGE-21

Q5 監督職員の立会いにあたって、あらかじめ立会願いを提出していますか?  立会願いについて見せてください。
A5 はい、提出しています。全部で9回実施しています。(ワークフローにて立会を開く)
検: 直近のものでいいので何日前に提出したか教えてください。
代: 直近の提出ですと、発議日10月28日で実施日が11月5日となっており、1週間前の提出になります。(ワークフローにて立会を開く) 検: 1週間前に提出されているのは、いいですね。
《ナレーション》 立会は一覧画面をブックマークし表示させます。(この中から検定官が興味のあるものを指定することが多いです。)
・検査官は、立会や段階確認願いは1週間前の提出を推奨しています。
(6)立会や段階確認のワークフローでは、内容のほかに実施日や特記事項を表示しておくことで確認内容を一覧で把握できる。 段階確認は実務要覧、仕様書に定められたもののみ実施すること。その施工計画もあるか注意。
該当が無い場合、「当工事は該当がございません。」とキッパリ回答すること。 ◆

▼PowerPoint PAGE-22

Q6 建設副産物はありますか?再生資源計画書の提出を確認させてください。
A6 はい。計画書はASPにて、提出しています。(クレダス計画書の発議詳細を開く) 検:わかりました。
《ナレーション》
★検査官に求められれば、マニュフェストや集計表を合わせて提示します。
★マニュフェスト原本にはForm-002の集計表も添付しておくと分かりやすくて良いでしょう。 Form-002_Manifest_PivotTableを印刷する場合は、A3印刷をすすめます。
不要(空欄)なセルは非表示にしておくとスッキリしていて見やすいです。

▼PowerPoint PAGE-23

Q6 施工体制台帳は提出していますか?また、下請業者は何社ですか?

A6 はい。全部で5回提出しています。下請け業者は20社になります。 (ワークフローで施工体制を開いて、施工体制台帳の原本を提出する)
検: 適切にまとめられていて良いですね。

施工体制については一覧をブックマークし提出回数が分かるように表示します。(原本も同時に提出した方が良いでしょう。)
・施工体制では特に金額が大きい下請け業者について質問をされます。 ◆

▼PowerPoint PAGE-24

Q7 下請に対する引取検査を行っていますか?写真があれば確認させてください。また書面によるやりとりなどがあれば合わせて見せてください。
A7 はい、毎月末に下請から出来高報告書を提出してもらい、施工完了部分について引渡検査を実施しています。 これが実施状況の写真です。(写真ソフトにより説明します。また、書面については、参考資料を用いて説明します。)
検: はい、わかりました。
《ナレーション》 下請業者に関する事項については参考資料を基に説明をします。
・下請に関する事項は、業者との契約までの流れから、毎月の支払いに対する元請けの確認方法や引渡検査について確認が行われます。
 中でも見積の工事内容や支給品の有無、支払い条件を事前に提示しているかを確認します。 ◆

▼PowerPoint PAGE-25

Q8-1 社内検査は何回実施しましたか?確認できるものを見せてください。
A8-1 はい、こちらになります。全21回実施しています。(ワークフローで社内検査一覧を開く)
Q8-2 直近のもので、現場で確認した社内検査を見せてください。
A8-2 11月5日に切削オーバーレイの出来形を確認しています。
検: はい、わかりました。       
品質管理についての質問では、他にも社内規格値の設定や規格値から外れた場合の対応についてや 仕様書に定めのない出来形の規格値は何を流用しているのかなどの質問が想定されます。 社内検査についても同様にブックマークを作成しておきましょう。

▼PowerPoint PAGE-26

Q9-1 週休2日対象工事ですか?
A9-1 はい、受注者希望型にて4週8休で実施しました。
Q9-2 実施状況については、どのように確認していましたか?
A9-2 履行報告書の提出時に週休2日実施状況報告書を添付して報告していました。
Q9-3 では、履行報告書とともに確認させてください。
A9-3 はい、こちらになります。(ワークフローから履行報告書の一覧を表示します。) 週休2日対象工事についての履行確認の質問については、 ブックマークした履行報告書の一覧を表示します。(一覧を表示することで遅延なく報告している事を証明します。)
基本的には、一番最近の物を見せる形になると思います。 ◆

▼PowerPoint PAGE-27

Q9-4 では、最終月の週休2日実施報告書を見せてください。
A9-4 はい、12月度を開いて添付ファイルを表示します。少しお待ちください。
      (履行報告書の詳細画面から添付ファイルを選択して表示)
検: はい、確認しました。
この際に週休2日の実施結果について添付資料を開き説明します。
このほかにも、検査官からの質問事項についてとりまとめたものが、SENDO_POTAL_FCの411質疑応答集 にform-044questions_and_answersとして格納されています。
※取扱いに注意して参考にしてください。 ◆

▼PowerPoint PAGE-28

《想定外の質問(ASPのタブが無い場合)をされても、落ち着いて画面操作をすることが大切です。
受注者はASP発議項目をブックマーク設定することにより、迅速に書類の表示を行うように心掛けています。
しかしながら検査官の質問事項に対応するブックマークが設定されていない場合には、検索機能を用いることが有効となります。
ここに最低限あると良いブックマークタブを表示してみました。

《補足》 検索機能では件名のほか内容の中に検索した単語が含まれているとヒットします。

【注意】検索後に、絞り込まない一覧画面を表示したい場合に思うようにいかずオロオロすることが良くある。 検索ワードを解除したい場合、必ず削除してからする。 「もしくは、9号全部、の画面をブックマークしておくのも手です。」

■改訂履歴
20190206追記:「もしくは、9号全部、の画面をブックマークしておくのも手です。」

▼PowerPoint PAGE-29

ワークフローに添付したファイルの表示方法について説明します。
1)履行報告書の中から件名を選択して詳細画面を表示する。
2)添付欄のファイルタブをクリックし案内に従ってファイルを開くを選択し表示させます。
《補足》 ネット環境によっては、表示するまで時間が数分かかる場合があるが、慌てず待ちましょう。
【注意】添付書類は検査官が、開けと指示しない限り開かないこと。先走った行動は検査時間をロスします。◆

▼PowerPoint PAGE-30

アルバムを作らずに写真管理ソフトで直接受検するため、写真管理ソフトのフォルダー分けを詳細に行い、  『見せて』の要求に速やかに応る。
PDFは作らない!
また、各工種のダイジェストや施工前・完了を提示することがあるので、あらかじめフォルダー分けしておくと良いでしょう。(特に代表工種) 特に、ダイジェストで●●工の流れを見せてくださいと言われたときは、 あらかじめ見せる順番を決めていた写真を、ナレーションを付けてテンポ良く説明をしてください。
《補足》
a)受注者の写真管理ソフトにて、検査官が確認したいものを直接表示する。
b)写真の整理担当者が直接操作を行う。(ホルダーツリーを熟知したひとでないとサクサクいかない)
また、施工中は検査時の直接表示を意識したフォルダ作成を行う。 ◆

▼PowerPoint PAGE-31

施工状況においての説明を求められた場合、 写真を提示し説明するのが基本かと思いますが、 たとえば、珍しいNETISの施工状況などは、経験の豊富な検査官であってもイメージがわかないものです。
また、清掃状況なども静止画つまり写真では、作業員の動きがつかめないため、 受注者としては細心の注意を払っていたつもりでも、 はたしてそれが検査官に伝わるのか疑問があるところです。
 そこで、動画を活用するということは非常に有効と思います。
ただし、必要以上に多用するのはおすすめしません。 また、動画編集し要点部分を集約した短い時間にするべきです。
短所として、動画の場合は見られたくない物も映り込んでしまう危険性は大きいのは言うまでもありません。(写真は、見られたくない物を避けて撮ることは容易なため) ◆

▼PowerPoint PAGE-32

ここでは、工事概要説明のパワポの扱いについて説明します。
検査冒頭の工事概要の説明は簡潔に!が基本です。 ◆

▼PowerPoint PAGE-33

実際にパワポを使用した工事諸元の説明を行ってみます。 はじめに、 《説明文》 本日の出席者の紹介を致します。
 現場代理人 兼、電子納品担当の妻沼竜也です。(立ち上がり礼)
 監理技術者の妻沼義信です(立ち上がり礼)
 社内検査員で取締役副社長の 平野俊彦です。(立ち上がり礼)
 なお、社内検査員の成田太郎は、他の検定と重なりまして欠席させていただきました。    
以上の3名が出席者です。(間を置く)◆

【解説】ここで自己紹介します。名刺は検査後に渡してください。
検査前に渡すと机上に並べるのがビジネスマナーですが、検査中はとても邪魔です。 ネームプレートは必ず着用のこと。
あるいは、事前に現場確認時に渡してしまうこともありです。


▼PowerPoint PAGE-34

《工事概要の説明ではなく、工事諸元としました。
書類検査の冒頭にパワポでの工事概要説明を行っても、 特に技術検査官からは「次からやめてください」と言われるので 概要説明は止めることをおすすめします。
なお、この工事諸元のパワポでも一言、言われるやしれませんが….

《説明文》 工事名・施工箇所・工期についてはご覧のとおりです。 請負金額が、当初より 約九四十万円増え、11.2% 増となりました。(増減額は、簡潔に約で伝えます。%の方が重要です。) 当該工事は、品質証明員対象外となっております。 週休2日の取り組みは、受注者希望型により4週8休で実施し、 閉所率31.0%を達成しました。 中間検査・ICT活用工事については対象外となっております。 工事の金額割合ですが、修繕工事75%、舗装工事25%の割合です。(間を置く)◆

【解説】
・検査項目に関係することのみ話しサラリと終わりましょう。キロポストを読み上げるとか、金額を読み上げるとかダラダラと行うと、ますます「次からパワポは止めてください。」と検査官に強く言わせるだけです。
・各種対象項目について、ここには代表例をあげましたが、各工事で評価に関連する事項は漏れが無いように記載してください
・工事の金額割合(出来形及び出来ばえ)について、 これは、5ページ目で説明した、出来形及び出来ばえの工種ごとの割合です。これを伝えることで、検査官が考査項目が何であるか意識付けを受します。また、15ページ目で説明したプリントした考査項目表を検査官の前に準備しておくことも作用し、なるべく受験者の想定したフィールドで戦えるよう(?)に誘導します。 注者側に対してもですが、たぶんこのように出来形及び出来ばえの対象種別を考えて、検査準備をしているところはほとんど無いだろうということから、受注者に対する意識付けとしても非常に有効かと思いますが、
・なお、前例が無いので、成功するかどうかは責任を負いかねます。

▼PowerPoint PAGE-35

検査の最後に検査官に伝えよう!~
工事の工夫と苦労~ と言うことで、 必ず検査の終盤に『最後に受注者から何か伝えたいことはありますか?』や『現場での苦労や工夫はありましたか?』などの質問があるかと思います。 この時に受注者側から『3分間で説明させてください。』と申し出て、パワポを活用し苦労したことや工夫したことを説明することは、大変効果的だと思います。
ここで重要なのが所要時間を提示する事、3分と短時間であること、現場の苦労や工夫のみすることが大事です。 現場の課題に対する対策や施工や安全の工夫、社会貢献などに要点を絞って説明しましょう。 ◆

▼PowerPoint PAGE-36

《説明文》 当現場での苦労と工夫としまして オルイカ川橋では、床版構造が鋼床版であったため既設舗装版撤去時の床版への影響を最小限とし粉塵や騒音防止に効果のある IH式舗装撤去工法を活用しました。
施工機械は全国に2台しかなく、工程のコントロールに苦労しましがとフォローアップを計画的に実施することで遅延なく施工ができました。 (間を置く)◆

▼PowerPoint PAGE-37

《説明文》 また、鋼床版上面素地調整から接着層の施工完了までを4時間以内と設定し、時間内での施工完了を目指すためブラスト機2台で施工をおこないました。 機械手配や短時間での施工ということで施工管理に苦労しましたが、分割しての施工では、施工間隔が空くことで施工継目からの錆の発生が懸念されたため、急速施工を実施しました。
接着層の施工前には、防錆度の確認について適切に発注者からの立会検査を実施しております。 (間を置く)◆

▼PowerPoint PAGE-38

《説明文》
続いて,施工上の品質向上の工夫として事前に路面調査を行い、基面にクラックが発生しているであろう箇所を調査し対策をしました。 基面のクラックは施工ジョイントや車輪走行部に集中していたため幅1mのクラック抑制シートを施工延長すべてに敷設しオーバーレイ後のリフレクションクラック抑制を行いました。 (間を置く)◆

▼PowerPoint PAGE-39

《説明文》
続いて、安全管理の工夫です。 当現場は、自動車専用道での車線減少規制による現道上作業なので規制内への一般車の車両誤進入が懸念されました。 作業従事者はもとより一般車の人命を守るため(写真左上)進入車両強制停止装置『とまるくん』を規制の手前30mと40mの位置に設置し時速100kmで進入した場合でも規制手前で強制停止できるよう対策を行った。
また、(写真右下)ゴムシートで作成した仮設区画線を設置することで、より規制がわかりやすく工夫しました。 (間を置く)◆

▼PowerPoint PAGE-40

《説明文》
当現場での社会貢献の一例として 今年9月5日未明に発生した台風21号の影響があった国道337号での倒木被害では、当作業所でも迂回路案内の交通誘導や倒木処理を実施しました。 倒木については、道路維持業者が処理しやすいよう裁断し集積を行いました。 これについては12月19日に札幌開発建設部長より感謝状をいただいております。 (間を置く)
本工事は12月10日をもって 無事故・無災害で工事が終了しました。 以上で当現場での苦労と工夫の説明を終了します。ありがとうございました。
《補足》
説明の長さにもよりますが、大体5ページで3分を要します。 説明したい内容と説明文、写真の見せ方に気を付けて作成してください。 (1ページに写真を多用することはおすすめしません。) ◆

▼PowerPoint PAGE-41

復習として
1 .検定用のブックマークは施工中から作成しておく。
2 検定を意識した9号の起案を心掛けよう。
3 起案すべき案件かどうか悩んだなら、とにかく起案しよう!その方が安心する。
4 検定前に社内検査による検定模擬で操作手順の予習を行っておきしょう。
5 ASPを上手に活用することで検定時間が短縮することができます。
6 写真管理ソフトの見せ方を工夫し優良な施工管理をアピールしよう。
7 冒頭の概要説明と最後に工事のPRをして、上手にパワポで伝えよう。
8 検定官の質問傾向などは、ファイルキャビネット411にあるFORM-044に検定時の質疑応答が綺麗にまとめられていますので必ず目を通した方が良いです。
この場を借りて支援業務の皆さんにはお礼を申し述べたいとおいます。
有効に活用させていただき大変たすかりました。 こ

れらのことを踏まえ今一度、竣工検査の準備をしてみてはいかがでしょうか? ◆

▼PowerPoint PAGE-42

みんさんの
スムーズな検査の一助となれば幸いです。 ご清聴ありがとうございました。(END)




▼講習状況

《関連情報》